一般歯科・小児歯科 │リーフデンタルクリニック

一般歯科・小児歯科

診療案内

一般歯科・小児歯科

一般歯科

虫歯

虫歯で歯に穴があいてしまった場合、自然治癒は期待できません。原則として、虫歯になった部分を削って補修しなければならないのです。この補修の仕方は、虫歯の大きさや場所によって異なります。

虫歯がまだそれ程大きくない場合には、まず虫歯になってしまった所を削り取ります。そして削った部分に詰め物をします。虫歯が大きい場合には、沢山削らなければなりません。その様な場合には、削った歯に被せ物をします。

虫歯がさらに進行し、神経まで進んでしまった場合には神経をとらなければなりません。この場合、神経の治療後に、歯に被せ物をします。その為、虫歯の状況により治療が長期化する事があります。

痛くなる前に定期的な検診と正しい歯磨きを行うことで虫歯を未然に防ぎましょう。

神経治療

一般的に神経治療と呼ばれる神経は、歯髄のことです。虫歯を長期間放置しておくと、やがて虫歯菌が歯髄に達して炎症を起こし、神経は徐々に死んでしまいます。

神経治療とは、細菌感染もしくは壊死した歯髄を除去し、根管内*を清掃、殺菌、整形、無菌状態にして炎症の再発を予防することで天然歯を保存する処置です。

※歯髄の入っている管のこと(そのため、神経治療は根管治療とも呼ばれます。)

詰め物

虫歯が小さい場合には部分のみを削り、詰め物(インレー)を詰める治療です。
ただし虫歯の大きさや噛み合わせの状態によっては詰め物(インレー)ではなく、クラウン(被せもの)による治療となることもあります。

詰め物、インレーの素材には金属で作られたものやレジン(プラスチック)で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなど様々な種類があり、保険と保険外で使える材料も変わります。

この使用する素材によって見た目や、持ち、費用が変わってきますので、詰め物を選ぶ場合は医師に相談することが大切です。

小児歯科

虫歯予防

・シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐ虫歯予防法です。シーラントは特に、生えたての奥歯の虫歯予防に有効とされています。(6~7歳頃、11~13歳頃)

奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らずそのために毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがあります。シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝の虫歯を防ぎます。

・フッ素

フッ素化物の虫歯抑制効果を利用したもので、歯に直接塗布することによって虫歯の予防をはかるという方法です。指示された量を守って使えば虫歯予防に大変効果があり、安全性も確認されています。

フッ素による虫歯予防は、乳歯の生えはじめから永久歯が生えそろう頃までが効果的といわれますが、お年寄りまでどなたでも一生を通じて利用できます。

・キシリトール

甘味料として天然素材のキシリトールを配合したシュガーレスガムです。虫歯菌(ミュータンス菌)はキシリトールでは酸を作れないので、虫歯になりにくいのです。

キシリトール100%に近いガムなどを1日に3~4粒良く噛んで食べると効果的です。

不正咬合(ふせいこうごう)

不正咬合とは歯並びや噛みあわせが悪い状態をいいます。


不正咬合は大きく分けて4種類となります。

上顎前突…前歯が前にでる症状です。

下顎前突…受け口と呼ばれ下顎が前に出る症状です。

叢生(そうせい)…歯並びが凸凹になる症状です。

開口(かいこう)…口が閉じない状態になってしまっている症状です。


不正咬合をそのままにしておくと虫歯、歯周病の原因になりやすい、体に悪影響を及ぼす可能性などの影響があります。

リーフデンタルクリニックでは不正咬合を改善するため下記のような対策を行います。

ムーシールド

ムーシールドとは、不正咬合治療を目的とした歯列矯正装置です。これを装着することによって顎が正常に成長するように促すものです。

SサイズとMサイズがありSサイズは乳歯列期(3歳~5歳位)の反対咬合に使用します。

Mサイズは第一大臼歯萌出期以降(6歳~11歳位)の反対咬合に使用します。